天然自然薯仲買人による自然薯の最適な保存方法や保存期間の解説!


この記事は・・・

✅ 自然薯の適切な保存方法は?

✅ どれくらい日持ちするの?

という質問にお答えする記事です。

天然自然薯
マイスター

自己紹介です!
宮崎県の「天然自然薯専門店ハートリーフ」代表の久美田と申します。天然自然薯のことなら私にお任せください。
詳しいプロフィールはこちらから。

「満点☆青空レストラン」

天然自然薯マイスターとしてメディア出演多数「満点☆青空レストラン」「the 鉄腕DASH」「旅サラダ」他…

保存方法の解説です
”すっていない皮付きの自然薯
”すったとろろの状態

保存方法や、日持ちする期間が変わってきます。分けて解説していきます。


皮付き自然薯の最適な保存方法

皮がついている状態の自然薯から解説します。

保存の手順
  1. まず断面に、”とろろ”がついていないことを確認します。
  2. “とろろ”がついている場合は、キッチンペーパーなどで拭き取り、とろろがついていない状態にしましょう。
  3. そして、断面が乾くまで待ちましょう。
  4. 断面が乾燥したら、新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

この方法で1ヶ月程度は持ちますが、自然薯の質や、元々の状態にもよります。

断面が「たくあん」のように黄色みがあったり、匂いがするようなら、痛み始めています。食べるのはやめておきましょう。

天然自然薯
マイスター

なるべく早く食べるのがベストですが、もし長く食べる予定がないなら、下記で紹介する、とろろにして冷凍してしまう方法をおすすめいたします。


“とろろ”の最適な保存方法

自然薯パック

“とろろ”にした場合の冷蔵庫での日持ちは、2日くらいです。判断の目安としては、発酵臭のような香りがしていたら、黄色信号です。
もうしばらくは、食べないかな、という時は冷凍してしまいましょう

冷凍保存の手順
  1. 清潔な薄いポリ袋を用意します。
  2. とろろを入れて、できる限り空気を抜きます。
  3. 口を縛るか、シーリングして冷凍庫に入れましょう。

粘りが強い自然薯ほど、冷凍に強く、劣化がほぼありませんので、天然物なら半年ほどは問題なく食べられます。

天然自然薯
マイスター

すり下ろしたときに、粘りが弱いなと感じたら、冷凍保存はあまりお勧めはしません。使う分だけすって使いましょう。


冷凍とろろ解凍の方法

ダシ入りとろろ
写真は当店のだしとろろです。

解凍の方法は常温で解凍しましょう!
レンジはダメです。湯煎などもできるだけ避けましょう。

自然薯は熱に弱く、レンジやお湯につけて解凍すると粘りや、難消化性デンプンの働きが失われ、持ち味を打ち消してしまいます。

急いでる場合は、お風呂くらいの温度のお湯で解凍すると良いでしょう。


まとめ

皮付きの自然薯は、鮮度のいいタイミングで食べきるのがベストですが、断面の処理と保管場所(湿気のない風通しの良い冷暗所や、野菜室)を間違えなければ、1ヶ月程度はそのまま保存できます。

食べきらなくなってきたら、すり下ろして冷凍すれば半年ほど持ちます。

個別に質問などございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

天然自然薯
マイスター

私は祖父の代から続く天然自然薯仲買の3代目です。

毎日100本前後、天然自然薯を入荷しています。

それをさらに厳選して

「品質は日本一」

自信を持てるものだけ出荷しています。

天然自然薯とろろを瞬間冷凍した、小分けの「生とろろパック」
ご飯にかけるだけの「だしとろろ」などもご準備しています。

ぜひ一度通販ページをご覧くださいませ↓

お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。