自然薯の赤ちゃん、むかごとは?調理法など自然薯マイスターが解説


そもそもむかごって?
むかごってどこにあるの?
おすすめの食べ方は?

という方向けに記事を書いていきます。


そもそもむかごとはなんだろう?

むかご(零余子)とは自然薯の赤ちゃんで、種子とは別の繁殖方法の、栄養繁殖と呼ばれる繁殖方法です。
地面に落ちると芽吹き、ツルを巻き、いずれは自然薯になることができます。

基本的には自然薯のメス株にあるとのこと、これは「掘り子」さんの間での共通認識です。
栄養価は自然薯と同じで、消化酵素のアミラーゼがふくまれていたり、滋養強壮効果があったり、とお手軽に摂取できる自然薯ですね。
11月から冬にかけてが食べごろで、よくみられます。
※掘り子さん?と思った方はこちらの記事をご覧ください。↓
【自然薯の産地】天然の自然薯なら南九州【明確な理由あり】


採取方法、保存方法

探し方は、前の記事 自然薯の見分け方、見つけ方【葉っぱやツル】写真多めで解説
を読んでみて、その後むかごがついているかどうかという判断になります。

採るタイミング
むかご自体は夏ごろから出てきますが、採るタイミングは、黒く艶が出てきた時がベストです。
11月の寒くなってくる時期に黒光りしてくるので、そのタイミングを狙ってみてください。

庭先や散歩道などで、実際に採取して食べる場合は、量がそんなに集まらないと思いますので、1シーズン少しずつ拾いながら、集まったら食べるという感じがいいと思います。

保存方法

基本的には、常温で保存していても、冬場は全く問題ありませんし、元から異常(虫食い、柔すぎるなど)がない限りは傷みません。

あったかくなってきたり、心配な場合は冷蔵庫に入れておけば、2、3ヶ月ほどは問題ないと思います。


おすすめの食べ方

ある程度、量が集まったら食べてみましょう。

ちなみに生でも食べれます、ちょっと青臭いですが、ちゃんと粘りがあって美味しいですよ!

むかごご飯

やっぱり、むかごご飯が定番ですよね

  1. ムカゴ同士がこすれ合うように、よく水で洗います、色が出てくるので、何度か繰り返してください。
  2. 炊飯器にセットしたお米と水の中にムカゴを入れます。
  3. 米2合の場合で塩小さじ1と酒大さじ1を入れて炊いていきます。
  4. 炊き上がったら完成です。

ムカゴの佃煮

うちのカフェで出しているメニューがこちらです。

下茹でして、揚げ焼きにして、調味していきます。

  1. 100g~150gのムカゴを5分ほど下茹でします。
  2. 水に浮くようなムカゴは取り除いておいてください、5分経ったらザルにあげます。
  3. フライパンに油、大さじ2杯を引いて、揚げ焼きにしていきます。
  4. ムカゴのいい香りがしてきて爪楊枝が刺さるくらいの硬さになったら、一旦火を止め、油をキッチンペーパーで吸収します。
  5. そこに、醤油と砂糖と酒を、大さじ1ずつ入れて、汁気がなくなり、とろみが出るまで炒めます。
  6. 最後にゴマをかけて、火を止めたら出来上がりです。

まとめ

レシピは他にも検索すればかなり出てきますので検索してみてください。

自然薯マイスターとして言えることは、ムカゴの栄養成分は自然薯と同じですが、加熱すると失われる成分も多いことは、頭に入れておきましょう。

本当、自然薯はこんな美味しい手土産まで持って出てくるので、仕事のできるいいやつですねぇ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

当店ではむかご単体の販売はしておりませんが、事前に言っていただければ、自然薯と一緒にシーズンに併せてお送りいたします。

本当に希少価値のある天然自然薯お求めの場合は、是非当店のホームページより、お求めください。
天然自然薯専門店 ハートリーフカフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。